83856

ガッシュ・ベル

ガッシュ・ベル 出典:金色のガッシュ!!
年齢
6歳
本の色
赤色
パートナー
高嶺清麿
好きな食べ物
ブリ

本作の主人公。王族の子で、強力な雷の力を持つベル家に生まれるが、当時の王であったダウワン・ベルがバオウを受け継がせる為にガッシュの存在を隠した経緯がある。

物語初期は、魔界時代落ちこぼれとして有名だった為、世界の各地からガッシュを倒しに魔物が勝負を挑んできた。
主人公には珍しく、物語後半まで攻撃系の術が少なく、それまでパートナーである高嶺清麿の戦術で勝ち進んで来たといっても過言ではない。

作中で明らかにされたが、魔物自身が相手を本気で倒したいと思う殺意や憎悪がないと、強い攻撃系の呪文は生まれてこないという。その点ガッシュは"やさしい王様"をを目指していただけに、殺意と憎悪には無縁だったが、リオウとの戦いで清麿が殺されて、ガッシュの中にある怒りが爆発し、結果。「ガンレイズ・ザケル」「テオ・ザケル」「バオウ・クロウ・ディスグルグ」「マーズ・ジケルドン」といった強力な呪文が生まれた。
ガッシュ覚醒以後は、雷の本来の力が引き出され術が強力になり、ようやく主人公らしい強さになったと言えるだろう。
しかしながら、クリアとの初戦は「ザケルガ」「バオウ・クロウ・ディスグルグ」「テオ・ザケル」を素手で対処されており、その力の差に絶望した。ただデュフォーの教育の甲斐あって、クリア最終戦ではライバルであったブラゴと共闘しクリアを倒す寸前まで追い込んだ。だが、完全体となったクリアの前ではまるで歯が立たなく、清麿のアンサートーカーの能力でも勝つ答えを導き出せなかったが、ガッシュがこれまで出会ってきた仲間と呼べる魔物たちが、金色になったガッシュの魔本を通じ力を貸し、クリアを倒すことができた。

その後、ブラゴとの王の座を懸けた最終決戦では、何時間に及ぶ戦いの中、最後は「バオウ・ザケルガ」と「シン・バベルガ・グラビドン」の打ち合いとなり、見事ブラゴの術を打ち破って、やさしい王様となった。

呪文一覧

  • ザケル

    口から電撃を放つ。電撃を出す瞬間は気絶してしまう。
    覚醒後は、第一の呪文らしからぬ威力でロデュウを悶絶させていた。

    ザケル
    出典:金色のガッシュ!!
  • ラシルド

    電気をまとった盾で、相手の攻撃を跳ね返す。ガッシュ唯一の防御呪文。
    「ザグルゼム」で強化も可能で、覚醒後は雷の紋章が変化し盾自体も強化されており、ロデュウの「ギガノ・ラギュウル」も跳ね返していた。

    ラシルド
    出典:金色のガッシュ!!
  • ジケルド

    2本の輪っかがついた球体で、相手を磁石の特性を与える。
    周りに金属がないと発動という条件がある為、あまり作中では使われなかったが、条件さえ揃えばかなり強い呪文だろう。

    ジケルド
    出典:金色のガッシュ!!
  • バオウ・ザケルガ

    ガッシュの最大呪文であり、ガッシュの父、ダウワン・ベルから受け継がれた術。
    さまざまな魔物の憎しみの力を喰らい、制御できなくなってしまったバオウを、幼子であったガッシュに封印した経緯がある。
    巨大な電撃の竜の形をしており、覚醒後は本来の姿を取り戻し、「シン」級と並ぶ強力な術となった。

    バオウ・ザケルガ
    出典:金色のガッシュ!!
  • ザケルガ

    ザケルに回転を加え、貫通力を高めた電撃を放つ。覚醒前のガッシュは攻撃呪文が少なく、「ザケルガ」はそれなりに攻撃力もある使い勝手のいい術として重宝された。
    覚醒後は、ファウードの力を得たジェデュンの「ギガノ・グノビオン」を貫通するほどの威力になっていた。

    ザケルガ
    出典:金色のガッシュ!!
  • ラウザルク

    ガッシュ唯一の肉体強化呪文。体全身が光り、スピード、筋力が強化されるが術の使用中は他の呪文が使えない。
    肉体強化という術の特性上、術を出しても気絶はしない為、ガッシュの意思で自由に動くことが出来る。

    ラウザルク
    出典:金色のガッシュ!!
  • ザグルゼム

    電気エネルギーを蓄えた球体を発射する補助呪文。球体は魔物や術、物体にも効果があり、当たるとその対象が光る。ガッシュの術がその「ザグルゼム」の光に当たると、術が強化されたり、連鎖誘導したりとトリッキーな使い方が可能。
    「ラシルド」に当てたときは盾自体がパワーアップする等、術自体の威力が強くなかった覚醒前のガッシュには欠かせない術となった。

    ザグルゼム
    出典:金色のガッシュ!!
  • ガンレイズ・ザケル

    8つの雷鼓を後方に召喚し、そこから無数の電撃を相手に向かい発射する。ゼオンも同じ術を使用することができ、ゼオンは手の周りに雷鼓を召喚させていた。
    電撃を連射している間はガッシュは気絶して動けない為、清麿がガッシュを抱えて標準を動かしていた。

    ガンレイズ・ザケル
    出典:金色のガッシュ!!
  • テオザケル

    「ザケル」の強化版。ザケルより威力が高く、電量も多い。清麿のアンサートーカーがあったとはいえ、ゼオンの「テオ・ザケル」も相殺していた。
    この術を覚えて以降は、「ザケルガ」以降の使い勝手のいい術として、多くの場面で使用された。

    テオザケル
    出典:金色のガッシュ!!
  • バオウ・クロウ・ディスグルグ

    バオウの右手を召喚する呪文。この術を使用している際は、ガッシュは気絶せず、右手と連動して自由に操ることが可能。
    初回仕様時には、ジェデュンの最大呪文「バビオウ・グノービオ」を破った上に、魔界へと送還していたが、クリアと対峙した際には素手で対処されており、クリアの化け物じみた強さが強調されたシーンとなった。

    バオウ・クロウ・ディスグルグ
    出典:金色のガッシュ!!
  • マーズ・ジケルドン

    反発と吸引の性質を持つ大きな球体を発射。清麿のアンサートーカーの能力を用いて、角度を計算して発動すれば、「ディオガ」級の術を弾くことも可能。
    また、相手が球体に触れると、中に引きずり込んで拘束することも可能。閉じ込めた相手が動こうとすると電撃が流れる。

    マーズ・ジケルドン
    出典:金色のガッシュ!!
  • エクセレス・ザケルガ

    対クリアの為の特訓で生み出した呪文の一つ。パムーンの「エクセレス・ファルガ」と彷彿させる術で、ガッシュの頭上からエックス状の強力な電撃を放出する。
    ブラゴの「ディボルド・ジー・グラビドン」と相殺していたこともあり、この描写から一般的な魔物の「ディオガ」級以上の威力があると思われる。

    エクセレス・ザケルガ
    出典:金色のガッシュ!!
  • ジオウ・レンズ・ザケルガ

    対クリアの為の特訓で生み出した呪文の一つ。スマート電撃の竜の形をしており、清麿いわく「バオウよりは弱いが、スピードのある術」。
    クリアの「シン・クリア・セウノウス・バードレルゴ」からウマゴンを救出するときに使用したり、たくさんの高速消滅波を放つ「フェイ・ガンズ・ビレルゴ」には、鱗のようなものを操って相殺させた上に、クリアに大ダメージを与えていた。

    ジオウ・レンズ・ザケルガ
    出典:金色のガッシュ!!
  • シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ

    金色の本の力を通して、魔界の魔物たちの力を借りて放たれるガッシュの「シン」級呪文。クリア完全体を遥かに凌ぐ大きさで、形も通常のバオウとは異なり、人型に近い竜の姿をしている。
    クリア完全体の消滅エネルギーさえ全く通用しないほどの力を持っており、術の威力は間違いなく作中で出てくる中でぶっちぎりのトップだろう。

    シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ
    出典:金色のガッシュ!!

パートナー: 高嶺清麿

ガッシュ・ベル 出典:金色のガッシュ!!

考古学者の父と専業主婦の母を持つI.Q190の天才児。ガッシュのパートナーで、初登場時はモチノキ中学の2年生だった。
当初は清麿の頭の良さに周りが嫉妬し、徐々に孤立し不登校となってしまったが、ガッシュとの出会いがきっかけで友達も増えていき、学校では人気者となっていた。

妙に大人びており、身長も172cmあることから、高校生と思われがちが、周りがボケると全力でツッコミを入れたり、お笑いにストイックな一面もある。

パートナーの能力については、作中最強クラスで、地頭の良さはもちろん身体能力も高く、加えて必要な答えを瞬時に出せる「アンサートーカー」というチート能力も持ち合わせている。ファウード編までの攻撃呪文が少ないガッシュを支え、王に導いた1番の功績者であろう。

閉じる